今日も元気にいきましょう(^^)!


by のり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フルマラソンのこと

f0138995_1463084.jpg
フルマラソンを完走するともらえるメダルとタオルは、しばらく家宝のような存在になりそうです。
f0138995_1463271.jpg
スマートフォンのアプリに時間を管理してもらいながら、練習で掴んでいた「無理のないスピード」を保つことができたのが完走できた要因だと思います。
f0138995_1463369.jpg
42.195kmは未知との遭遇でした。
f0138995_1463820.jpg
大会の数日前、知人からアドバイスのメールをもらいました。
初めてフルマラソンに挑んだ私にはかなり参考になりましたので、(どなたかこれからマラソンにチャレンジする方のために)ここに記しておきます。


「マラソンと聞くとつい、いろいろ伝えたくなってしまって…以下、お時間なるときにお読みいただければ、少しは参考にしていただけるかと思います。」

▼準備
【寒い時はポンチョ】
→この季節、朝からのスタートだと寒いことが多いです。
ジャージや厚手のウエアをきてしまうと、レース後半暑くなってしまうので、ポンチョやビニール袋をかぶるのがおすすめです。
参考→http://appsomm.jp/feature/2013/11/21/78196/2/

【持って走るものは?】
→ところどころに給水+給食スポットがあるのですが、予備としてヴァームなどの栄養補給食を持って走ると安心です。
大きなウエストポーチとかですと邪魔なので、私はこのスパイベルトを愛用しています。
http://www.spibelt.jp/


▼レース中
【走りのペース・最初は早歩き】
→スタートとともに勢いよく走りだす方々が多いのですが、先は長いので10キロくらいは早歩きでも十分です。(競歩のイメージ)
みんなのペースにのまれてしまうと、5キロくらいから苦しくなってしまいます。
後からごぼう抜きすればよいので、とにかくマイペースです!

【27キロ、35キロがヤマ】
→エネルギーが切れだすこの距離くらいが一番つらいかと思います。
26、30キロ当たりで補給食を摂ると気分転換にもなるし、後半がんばれます。


▼レース後
【水風呂・熱い風呂で筋肉痛を予防】
→翌日に疲れを残さないために水風呂と温かいお風呂、交互につかることをオススメします。
温泉なら、腰くらいまでつかればOKです。シャワーでも可。
ぜんぜん翌日のだるさが違うので可能であればやってみてください。



さてさて…
私はフルマラソンのタイム管理に、スマートフォンのアプリ『RunKeeper』を使用しました。
f0138995_1463463.jpg
最初の1kmは、号砲からスタート地点に到達するまでにも時間がかかり前に進めない時間があったため10分ほどかかっています。
f0138995_1463511.jpg
その後は23kmの地点までは6分〜7分ちょっとで走っていますね。
f0138995_1463677.jpg
24kmのところで一時タイムが8分台になっているのは、あんパンとコーラの補給のために停止していた時間があったからかなと。
f0138995_1463777.jpg
30km台に入って8分を超えていますが、40km台で再び7分台で走ることができているのはその辺りからゴールまで一緒に走った70歳のおじさんのおかげだと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://curry123.exblog.jp/tb/21508410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by enokidonoriko | 2014-03-03 23:59 | 私の気持ち | Trackback